服飾業界は様々な職種がありほとんどの仕事は下積みが必要とされています。

アパレルワークスのヘッダー

華やかなイメージのある服飾業

華やかな2人の女性モデル

 

ファッションデザイナー、ショップ店員、プレス、スタイリスト…。
服飾業界は、華やかなイメージがありオシャレ好きの人は憧れの業界でもありますよね。
しかし、服飾業と一口に言ってもその職種は多岐に渡り、専門的な知識やスキルが必須な仕事でもあります。

 

そこで今回は、服飾業でも特に有名な職種をピックアップしてご紹介します。
どのような仕事内容なのか、どうしたらその仕事に就けるのかなども解説しているので、服飾業界での就職・転職を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

服飾業の種類

副職業は、未経験からでもチャレンジできる仕事から専門学校などに通ってある程度のスキルを身に着けておかなければならい仕事までさまざまです。
また、アシスタントで下積み経験を経てからでないと本当にやりたい職種に就けないといったこともあります。
そのため、将来自分がどういう位置で活躍したいのか、キャリアプランを考えつつ仕事を選んでみて下さい。

 

 

販売

アパレルショップの店先の様子

 

店頭に立って洋服を売る販売の仕事は、服飾業のなかでも特に求人募集が多い仕事です。
主な仕事内容は、接客・店舗ディスプレイ・商品管理・検品・タグ付けなどを行います。
昇進すると、店長やマネージャーになり、スタッフの教育や売上の管理などの業務に携わることが可能です。

保育士のねらい目は子供服販売!

 

 

ファッションデザイナー

ファッションデザイナーの仕事は、その名の通り洋服のデザインを行います。
デザインスキルはもちろんのこと、縫製・パターン・素材選びなどさまざまな知識が問われ、未来のトレンドを先読みする分析能力も必要です。
また、大量生産する服をデザインする「企業デザイナー」と、個人の顧客に対してデザインを行う「オートクチュールデザイナー」に分けらます。

 

 

パタンナー

型紙を起こすパタンナー

 

パタンナーは、デザイナーが描いたデザイン画をもとにして、パターン(型紙)を起こす仕事を行います。
ただ単に、平面(デザイン画)から立体(洋服)に起こすのではなく、いかにデザインのイメージを崩さず着心地の良い服を作るかということも考えます。
デザイナーの意図を正確に捉えられるパタンナーは貴重な存在で、引く手あまたと言われています。

 

 

縫製技術

パタンナーからあがってきたパターンをもとに、縫い合わせを行うのが縫製技術の仕事です。
日本の縫製技術は世界から注目されているほど素晴らしいものとされており、高度な服飾技術が求められます。
アパレルメーカーやデザイナー事務所などに努めて経験を積み、「洋裁技術検定」などの資格を取得しておくと有利です。

 

 

バイヤー

バイヤーが買い付けたアイテム

 

バイヤーは、自身の会社で売れそうな商品を見つけ出し、買付をするのが主な仕事です。
お店の売れ行きに関わってくるとても重要な仕事で、店舗運営スキルやセンス、買付をする際のコミュニケーション能力などが問われてきます。
キャリアプランは、販売員で実力をつけた後にバイヤーに昇格するといった流れが一般的です。

 

 

マーチャンダイザー

あまり聞き慣れない言葉ですが、「マーチャンダイザー」は服飾業の花形的職種です。
トレンドの動きを分析し、どのような服が売れるのかを予測して商品化計画を行い、商品開発後にはプロモーション活動を行うなど仕事は多岐にわたります。
市場調査を行うさいに、原価や商品価格、販売数などの計算を行わなければならないため数字が弱いという方は努力が必要です。
また、小規模な店舗や企業ではバイヤー業と兼務することもあります。

 

 

プレス

プレスは、マーチャンダイザーと同じ服飾業の花形とも呼ばれている職種です。
主な仕事内容は、ブランドを消費者に認知してもらうためのPR業務で、カタログ作成や展示会などのイベント企画、タレントなどが着用する服の貸し出し等を行います。
未経験からのスタートは難しく、1~3年は「プレスアシスタント」としてキャリアを積むのが一般的です。
また、服飾業でも特に人気の職種なので競争率も非常に高く狭き門と言われています。

 

 

スタイリスト

ファッションモデルの撮影風景

 

ススタイリストの仕事は、雑誌・映画・テレビ・カタログ・広告など様々な媒体でモデルやタレントなどが着用する洋服や靴、小物などをコーディネートします。
作品のイメージに合ったコーディネートを提案する必要があるので、クライアントと入念な打ち合わせをして共に作り上げていきます。
未経験の方は、スタイリスト事務所の求人を探して、プロのスタイリストのアシスタントになって経験を積むことからはじめてみましょう。

 

 

未経験の場合はまず経験を積む

服飾業の場合、販売員などは未経験からでも採用してもらいやすいのですが、服作りやスタイリストなどは専門的なスキルを磨いておく必要があります。
そのため、デザイナーや縫製技術などの専門職に着きたい場合はまず学校へ通ったりプロの元でアシスタントとしてスキルを磨いたりすることが大前提です。